因幡杉

因幡杉(いなばすぎ)は、江戸時代に鳥取藩として栄えた因幡国で人工植林され大切に育てられた杉材です。
手入れが行き届いている為に節の少ない材が多いのが特徴です。
特に柾目材は、高樹齢丸太から木取りして樹木の芯を外しているので強度もあり、割れやひびが出にくいといった特徴があります。

因幡杉フローリングとは